看護師の役割

高齢化社会になってきている日本は、65歳以上が4人に1人というこれからの時代を迎える今、看護師に相当重責がかかってきます。医療の進歩、高度化もますますアップしてきていますので、病院そのものが細分化されてきて、専門職も次々と生まれています。そのため、看護師も専門的技術が必要になり、専門性と自立性が要求されるようになっています。

ここまで進歩していなかったころは医院へ患者がくると医師のサポートや注射を打つ程度ぐらいのシンプルなものであったのが、治療や病気が複雑になってくると検査や外科的治療、長期間にのぼる治療が必要になってくるので、専門性が何種類も必要となってきます。医師やほかの看護師や専門職の人たちとのチーム医療を行わなければならなくなっています。ここで看護師の役割は、情報提供をするという役割です。リハビリを行わなければならない患者に対して、医師、看護師、理学療法士や作業療法士などが社会復帰する際の治療の計画を立て、介護福祉士やソーシャルワーカー、ケアマネ、栄養士などがそれらに携わります。しかし、それら全員が1人の患者のために動くことはできませんので、そのための取りまとめ役、情報提供者を看護師がするという役割なのです。

そして、そのほかに患者サイドの外来の患者や入院時の際の治療以外でも世話をするという役割もあります。医師になかなか伝えにくいことも看護師が患者の代弁者になってコミュニケーションを図るということも大事な役割の一つです。患者が何を必要としているのかを見極め、常に患者と向き合うことが大切です。

このように、看護師は医療機関において様々な役割を果たしています。

看護師の役割

看護師になるためには 看護師になるには、国家試験、または自治体が実施する試験に合格することです。ただ、なるためには高校卒業をして、専修学校、専門学校などの看護師養成所で3年間学ばなければなりません。そのほかには。看護系大学、医療大学などで4年、看護系の短大で3年勉強するという方法もあります。 准看護師の人は看護師になるために看護師・・・ >>詳細はこちら
今後の病院側の課題 看護師になるまでには実習、それに伴うレポート、勉強する範囲も多岐にわたります。看護の知識は病院の中だけでなく、日常生活でも必要なことが多くあります。実習や厳しい試験は忍耐力や精神力を鍛え、立ち向かう努力が芽生えます。何しろやはり普通の仕事と違うのは、人の命を預かったり、死と隣り合わせで、ミスを侵したりしたら危険もつ・・・ >>詳細はこちら
看護師資格があれば 看護師としての仕事がきついとか、時間的に夜勤は働けないなど個人個人によって様々な事情があります。看護師として働かなくても、この資格を持っていたら働ける場所はあります。 例えば、乳児院で子供の世話という仕事。保育園、幼稚園、託児所ではなく「乳児院」とは、家庭で育てることができない子供セロ歳児から乳児が・・・ >>詳細はこちら